Sujātā Buddhist Sisters

スジャータ婦人会

釈迦牟尼仏陀が説かれた教えを学び、理解し、実践し、さらに伝道するという尊い目的を様々な形で支援する為に、「スジャータ婦人会」を発足します。

仏教教団は比丘・比丘尼・ウパーサカ(在家男性信者)・ウパーシカ(在家女性信者)の四衆で構成されています。仏教の修行・護持・仏道の一切の活動において、女性が担う役割は重要であります。

コミュニティの運営と繁栄のため釈迦牟尼仏陀が説かれた七つのルール注1)に、私たち「スジャータ婦人会」は従います。

注1)『大般涅槃経』に説かれるリッチャヴィ王族や比丘サンガのための憲法(不衰退法)に準拠する。

出家比丘サンガの指導のもとで、「スジャータ婦人会」は活動します。

「スジャータ婦人会」は、日本で根本仏教(テーラワーダ仏教)を伝道する為に設立された「(宗教法人)日本テーラワーダ仏教協会」とそれに付属・協力する各精舎、各寺院に協力・支援することを中心として活動します。「スジャータ婦人会」は、一般社会で必要とされる事柄が生じた場合には、力の有る範囲で協力・貢献いたします。

常によく集まりを持ち、よく話し合う。

1.

和合して集まり、和合して話し合い、和合して結論に達する。

2.

いったん決めたことは全員が実行する。

3.

互いに慈しみの念を抱き、互いの人格の成長を喜ぶ。

4.

善友、長老方、僧侶、年長者を尊重し、話に耳を傾ける。

5.

テーラワーダ仏教の伝統的なしきたり習慣を守る。

6.

仏法僧の三宝に礼拝供養し、三宝を拠り所として精進する。

7.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now